美白化粧品豆知識 ハイドロキノンでほかに気をつけることは?

美白化粧品豆知識 ハイドロキノンでほかに気をつけることは?

私たちのお肌はその体調によってまた肌質によっても人によって様々ですし、お肌の悩みもそれぞれ。
いつもどんなことに気を付けていますか?

 

ハイドロキノン配合の化粧品などでのトラブルと言うものがあるなら、
多くが自己判断で間違った使い方をしている場合がほとんどです。

 

例えば、部分用の美白美容液であるにもかかわらず美白の効果を狙って顔全体に塗ってみたり、
シミを早く治そうと厚塗りしたり、すりこんだり、高濃度のハイドロキノンを急に使ってみたり…。

 

ほかには部分用として使うハイドロキノン入り美容液をシミに付けた後、
美白の効果を狙って違うクリームを顔全体に伸ばしラップでパックしたというケースもありました。

 

いずれも誤った使用方法をした結果、トラブルをおこしまったケースです。
これは一般の化粧品においても「化粧品かぶれ」と言うのがあるように、ハイドロキノンに限らず注意したいところですね。

 

ハイドロキノン配合のもので化粧品のレベルだと「医薬品」などとは違い、
それほどトラブルを心配する必要なないと思いますが、念のため次のような症状があらわれたら、使うのをやめた方が良いようです。

 

例えば、赤み、痛み(ピリピリ・ひりひり)、かゆみ、肌のカサツキや荒れ、色素沈着、アレルギー反応など。

 

メーカーによって、長期の使用を避けるよう勧めているものもありますし、一日の使用回数も決められているものもあります。

 

ポイントは何よりも信頼できる商品を購入し、購入した化粧品の使い方をよく読み、それに沿って正しい使い方をすること。

 

正しく使えばハイドロキノンによるトラブルを過剰に心配する必要はありせん。

 

また決して美白を焦らないことが大事です。
美白ケアは2〜3か月、または半年でようやく効果が見えてくるというものです。
効果を焦らずじっくりと半年くらいの時間をかけて効果を見ていくくらいがいいのではと思います。

 

また敏感肌やお肌の弱い人、トラブルを起こしやすい人は、ハイドロキノン配合の化粧品を使う際には配合率の低いものから始めることがおすすめです。

美白化粧品豆知識 ハイドロキノンでほかに気をつけることは?エントリー一覧