美白化粧品豆知識 医薬部外品と化粧品とはどうちがうの?

美白化粧品豆知識 医薬部外品と化粧品とはどうちがうの?

医薬部外品ってどんなものだと思いますか?
その名前からして、医薬品=お薬ではないものと言うことはわかるけど、ただの化粧品とも言い難い感じがしますよね。

 

化粧品より「なんだか効きそう〜」っていうのがおおかたのイメージではないかと思います。

 

「医薬部外品」とは医薬品と化粧品の中間に位置するもの。

 

「医薬品」は医師が処方するもの、いわゆる私たちが病院に行ってもらってくる、飲んだりつけたりするお薬です。
医薬品は医師の指示が必要となります。

 

一方「化粧品」はと言うと、美しさや清潔さを促進させて健康に保つものためのものです。
もっとも一般的に販売されていて値段も安価で使いやすいものです。

 

ならば「医薬部外品」とは?
これは厚生労働省の認可を受けたものを言います。

 

ある種の効能を持つ成分を配合するなどの基準を満たしているものです。
医薬品ほど効果は高くないけれど、医師の処方がなくても手に入れることができ、その特定の効果を発揮してくれるものです。
認可された成分は臨床的にも何度もテストされていて、化粧品よりも高い効果を期待できます。

 

美白化粧品だと、医薬部外品となるものは、厚生労働省が承認した美白成分が入っていて、
シミを抑制するとかシミを薄くするなどの特定の効能を持つ成分が国の基準の下配合されているものを言います。

 

「薬用」とも書かれています。

 

すなわち化粧品だと、認可されるほどの効果をすべての人に期待することはできないわけですが、
逆に言えば効能もとても穏やかで、副作用が起こるほどの量の成分は配合されていないということになります。

 

ハイドロキノンについていえば、化粧品レベルだと特に世で言われるような副作用をさほど気にしなくてもいいのではないだろうかと思います。

美白化粧品豆知識 医薬部外品と化粧品とはどうちがうの?エントリー一覧