ハイドロキノン配合化粧品ぶっちゃけどうなの?ヤバくない?

ハイドロキノンという美白成分 そのメリットとデメリット

これまで主に日本で発売されていた多くの美白化粧品は、
いわゆる「シミを抑制する」効果のあるものです。

 

これはお肌の中でシミの原因であるメラニンをつくらせないようにし、
さらにシミを表面に排出させるために、
お肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進させるにするもの。

 

一方「ハイドロキノン」配合の化粧品は、
「シミを薄くする」効果を狙ったもので、
できてしまったシミを改善するという画期的な成分です。

 

欧米では20年近く前から美白剤として一般に化粧品に含まれていて、
別名「しみの漂白剤」と呼ばれているポピュラーなもの。

 

ただ配合率が高くなるとお肌への刺激性があって、
赤くなったりかぶれたりすることがあるので、
なかなか日本では、
医師が直接監督できない化粧品として認可がおりなかったのです。

 

いまでも皮膚科で処方されるお薬の一つですが、
2001年に規制緩和で化粧品への配合が可能になりました。

ハイドロキノンのメリットとは?

ハイドロキノンのメリット。

 

ズバリ、それは圧倒的な美白効果。

 

さまざまなシミに効果があると言われています。

 

お顔のシミで最も多い老人性色素斑やニキビ跡の色素沈着、
そばかすなどにも効果を期待できるもの。

 

今までレーザーでしか消せなかったシミに用いることができるのです。

ハイドロキノンのデメリットは?

まず決められた使い方をせずに自己判断で誤った使い方をすると、
炎症をおこしたり刺激を感じることがあります。

 

人によっては赤くなったり、
ひりひりすることがあるので、
そのようなときは使用を一旦やめ、皮膚科に相談するとよいでしょう。

 

また濃度が高くなると強い漂白成分です。

 

高濃度のものはスポット使い(部分使い)になっているものが多く、
それをお顔全体に塗ったりすることは最も間違った使い方になります。

ハイドロキノン配合化粧品の安全性は?

ハイドロキノンは従来の美白成分、
例えば「ビタミンC」や「アルブチン」に比べるとその効果は10〜100倍と言われています。

 

シミそのものを薄くする成分は化粧品では使えなかったため、
まさにハイドロキンは美白の救世主のような存在。

 

まだ化粧品として認可がおりる前に、
口コミでそのすごさを知って海外から個人輸入する人などもありました。

 

いまでも医師の監督のもとで使う薬剤であるだけに、
正しい使い方を知らないで自己判断で高濃度ものをいっぺんに使ったり、
誤った使用方法で使ったりすると、
お肌のトラブルを起こしてしまうことも。

 

ただ現在化粧品となっているものについては、
ハイドロキノンの濃度は国が定めていて、お肌への安全性が保障されています。

 

化粧品ではハイドロキノン1〜3パーセントの濃度であれば、
心配することはないと言われています。

 

美容皮膚科では4パーセント以上のものを処方してくれますが、
医師の指導に従うのが鉄則。

 

市販されているものでも4〜5パーセントのものがあると言われます。

 

でもハイドロキノンの高い効果ばかりを期待してこれらのものをつけすぎたり、
すりこんだりすると、お肌への刺激や負担は大きくなります。

 

このようにハイドロキノン配合の化粧品を選ぶ時には、
まず信頼できる商品を選ぶことです。

 

いまや商品を購入する私たちが、
美白成分の正しい知識と使用方法を頭に入れて、
自分のお肌は自分で守る時代になっています。

 

正しい使い方を守りながら適切に使うこと。

 

これが何よりもこのハイドロキノンをうまく活用する方法です。

 

ならばどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

ハイドロキノン配合化粧品を使う時に気を付けること

日焼け止めを塗ること

これはハイドロキノンを使用した時のお約束です。

 

と言うのはハイドロキノンを使ったお肌はメラニンをつくらないようになります。

 

そうすると紫外線が直接お肌に入り込みお肌のダメージを促進します。

 

これはしわたるみの原因になります。

 

ハイドロキノンを使用したお肌は、
日中とても無防備な状態にさらされることになるのです。

 

またハイドロキノンは空気・光・熱に対して不安定なため、
化粧品化で安定しているとはいえ変化しやすい成分です。

 

このハイドロキノンの不安定な性質を頭に入れておき、
使用しているときはできるだけ紫外線にあたらないようにします。

 

紫外線にあたるとかぶれたり炎症を起こす人もあるので、
ハイドロキノンを使っているなら、日焼け止めは必ず使いましょう。

 

一日一回夜のお手入れの時に使う

現在販売されているハイドロキン配合化粧品の使い方は多くても1日2回。

 

特にシミを薄くする効果を狙う部分用美容液は、
必ず夜のお手入れで使うようになっています。

 

日中出かける前に、
ハイドロキノンの濃度の濃い美容液などを塗って出かけるというようなお手入れはありません。

 

紫外線に不安定な成分なので、
夜のお手入れでハイドロキノンを使うことが安心だと思います。

 

保存方法

これは化粧品にもよりますが、
冷蔵保存をすすめるものもあります。

 

酸化しやすいためです。

 

25度以下の冷蔵庫で保存するようにすすめるものもありますので、
使用上の注意をよく読んで保管しましょう。

 

パッチテストをする

いきなりお顔に塗るのってちょっと怖いなっていう人もいると思います。

 

そんな時はパッチテスト。

 

お顔がこわい人は二の腕やあごの下などで試してみます。

 

お肌につけて24時間問題がなければ、
副作用は発生することはないと言われていますので、
心配な人は試してみる価値がありますね。

 

いろんな化粧品と混ぜない

シミのためだけにハイドロキノン配合の化粧品、
特に美容液などを使う人もいるかもしれません。

 

ただ化粧品の成分に関しては知識が少ないために、
他のメーカーのスキンケアと同時に使うとお肌に問題が起きる場合もあります。

 

一番安心なのは、
ハイドロキノン配合化粧品を作っている同じメーカーのスキンケアのアイテムを使用すること。

 

これだとメーカーがちゃんと成分と安全性を考えて作ってくれているので、
いらない心配がなく、
美白ケアに専念することができるのではないかと思います。

 

妊娠中はつかわない

絶対にダメと言うことではないようです。

 

が、刺激も起こりうる成分なので避けておいた方が賢明です。

これなら使える!ハイドロキノン配合化粧品2つ

*ビーグレン 
ビーグレンはアメリカで定評のある海外コスメで、
美白ケアに加え、たるみ、しわ、毛穴の開き、
アンチエンジングケアと幅広くまた専門性の高いコスメがその「売り」。

 

ビーグレンの美白のシリーズは即効性があるという口コミ評価が多いですね。

 

2014年の4月から美白ケアのシリーズがパワーアップしています。

 

ビーグレンの特長はQusome浸透テクノロジーというもの。

 

この浸透力で、
さまざまな美白成分や保湿整肌成分を、
角質の奥まで浸透させることができるのだそうです。

 

注目のハイドロキノン配合化粧品は、
「ビーグレンQuSomeホワイト1.9」です。

 

これは2014年4月からの新発売で、
1.9%の日ドロキノンが入っているという意味。

 

浸透テクノロジーで、
1.9%で充分美白効果を狙えるというものです。

 

ハイドロキノンの副作用などが気になっていた時、
これはいいと思いました。

 

配合量は少ないけれど、
少ない量で安全にハイドロキノンの成分が浸透してくれるからです。

 

ビーグレンは電話でのスキンケアサポートができ、
365日返金保証がついています。

 

丁寧に対応してくれるという評判です。

 

気になる人はトライアルでお試しを。

 

QuSomeホワイトトライアルセットは、
化粧水、美容液、ハイドロキノン入りクリーム+美容クリームがついて1940円(7日間分)です。

 

*アンプル―ル ラグジュアリーホワイトシリーズ
アンプル―ルは日本の皮膚科医が開発したドクターコスメ。

 

日中のお肌を紫外線や乾燥のダメージから守り、
顔全体を明るくしてくれます。

 

アンプル―ルが口コミで評価が高いのは、
シミを消す美白効果のある「新安定型ハイドロキノン」が配合されている点。

 

女性の皮膚科医の開発なので、
女性の肌の特有の悩みやその不安定さもよくわかってくれていて、
スキンケアのラインのアイテムにほぼハイドロキノンが安定して入っています。

 

その濃度も1〜3%未満です。

 

いま注目されている夜用のシミのための部分美容液
「コンセントレートHQ110」でもハイドロキノンの配合率は2.5%。

 

だから安心してハイドロキノン入り化粧品を使った美白ケアを、
初めての人でもはじめらえるのではないかと思います。

 

トライアルはクレンジングから洗顔、化粧水、
この美容液と夜用の部分用美容液、
クリーム、+日焼け止め美容液がついて7日間1890円です

おすすめコスメ情報

美白
オールインワンゲル人気ランキング【お悩み別&最適な選び方】
オールインワンジェルは1回で全てのスキンケアをカバーできるので、
特に主婦の方に人気です。

 

このサイトは様々な特徴のあるオールインワンジェルを、
用途別にくわしく解説したり、
ランキングでおすすめ順に紹介しています。
オールインワンジェル